腰痛の原因と仕組み

腰痛でお悩みの方は多いのではないでしょうか。
腰痛には突然起こる急性腰痛症や繰り返し起こる慢性腰痛症などそれぞれです。

そんな腰痛の原因とは何なのでしょうか。

運動不足

運動不足により腰を支えるための筋肉が緊張している事で硬くなっている場合があります。これが腰痛の原因ともなるのです。腰周りの筋肉を柔らかくするようにストレッチや運動を心がけるようにしましょう。

デスクワーク

デスクワークの方も多いのではないでしょうか。長時間座っていると猫背になる事が多くこれが腰痛の原因にもなっているのです。腰に負担のかからない姿勢を取っていれば問題ないのですが猫背のような悪い姿勢を毎日繰り返していると当然、腰に負担がかかってしまうのです。ですから、猫背にならないためにも姿勢を意識するようにしましょう。

ストレス

ストレスを感じていると首や背中などの筋肉を含む身体全体が緊張して硬くなります。それにより腰痛になるのです。ストレスを溜め込まないためにも自分でストレス発散方法を見つけるようにしましょう。

腰痛の仕組み

このように腰痛の仕組みは筋肉の疲労や血行障害などで引き起こされる事が分かります。これら筋肉の疲労や血行障害によって痛みを出す物質が生み出され筋肉の緊張が強まってしまいます。ですから、普段からあまり動かす機会がなかったり、逆にハードな運動により筋肉を駆使しすぎても腰痛になってしまうのです。腰痛にならないためにも適度に運動し、良い姿勢を保つ事が大切です。